しつこく秋。 | ryo-ism

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログランキング・にほんブログ村へ
SPONSORED LINKS
PROFILE
ブログランキング・にほんブログ村へ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
<< 無事?終了。 | top | 冬を乗り切るアイテム >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
しつこく秋。


どうみてももう、あたりは冬。
美瑛の丘も今は本当はうっすらと雪景色になっているのでしょう。

名残惜しげに、やっぱりもう一枚。
というか、隔離生活?のため ネタがないので。

こうみてみると、どうも自分の作品の幅が限られているのが
だんだん自分でも感じられてくる。

そうだ明日はカフェの写真をアップしよう。あれなら少し雰囲気ちがうはずだ。
うん。


また少し貪欲にカメラを持ち歩く生活をしてみよう。


自己採点の結果、どうも無事に卒業することができそうな予感なので
考えようによってはこれからは長い長い冬休みである。
人生最後の冬休みかもしれない。悲しい

こういう時間のある時に、
自分自身をみつめながら、そして自分の感性も磨きたい・・・。

でも実は、図書館14時間引きこもり生活の中でも
ridgeのココロが必死にとらえようとしていたものがある。

それは隔離された環境から垣間見る、季節のうつろい。

作品と呼ぶには少し程遠いかもしれない写真、「窓から見る風景」。
でもその連続の変化を、ridgeのココロはしっかりととらえました。

うまく編集できたら、ブログか近日更新予定の写真ページにアップします。
ridge | 晩秋-Biei2004 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 01:23 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: