釧路湿原探索 その2 | ryo-ism

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログランキング・にほんブログ村へ
SPONSORED LINKS
PROFILE
ブログランキング・にほんブログ村へ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
<< 釧路湿原探索 その1 | top | 今年3回目の雌阿寒岳 登山。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
釧路湿原探索 その2


肝心の、夢ヶ丘展望台からの景色は、・・・・

ふれこみでは湿原絶景ポイントのひとつと聞いていたのですが・・・。
国立公園内で木の伐採が簡単にできないせいか
展望スペースの周りは気が生い茂っていて、思ったほどひらけていない・・。

あれぇ・・・・。
(上 達古武湖   下 木の切れ間から 列車が通過!)




そしてお決まりのカヌーと釧路川の風景。



実をいうと その後にわかったことだが、絶景と称されている「夢ヶ丘」 は
閉鎖されている木道の先の展望台ではなく。
区別していうと本来「夢見ヶ丘」というらしい。
(MTBのツアーなどでそこまでいくプランなどがあるが
多くは「夢ヶ丘」と書かれている・・。) 

今度リベンジかな・・。 
なんとなく消化不良で終わってしまったこの日は charboさんと別れて

一人でまた湿原探索の締めへ。


岩保木水門



昭和初期に作られた旧水門と、開かずの水門といわれる新水門。

釧路川カヌーの終着点となるこの地で ぼぉっと、
夕陽の沈むのをただただ眺めていました。



訪れる人の多い、細岡展望台の喧噪感とも異なり、
ほぼ誰もいない、水門と川と湿原以外に何もないこの静かな場所、
遠くに見えるサバンナのような湿原の風景・・・

・・・・その後、お気に入りの場所になりました。


ridge | 道東2008春夏秋 | 02:14 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 02:14 | - | - | pookmark |
Comment