雌阿寒岳&阿寒富士登頂記録。 | ryo-ism

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログランキング・にほんブログ村へ
SPONSORED LINKS
PROFILE
ブログランキング・にほんブログ村へ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
<< 山頂にて | top | 釧路湿原探索 その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
雌阿寒岳&阿寒富士登頂記録。


9:30 オンネトー登山口着。




登山口の天候は霧雨。来る途中は車の中から山も見えたのに
オンネトー目指して足寄側にまわったとたんに天気が一変して霧雨。
変わりやすい天気。
そんななかで、1人登山を実行すべきかどうか悩んで悩んで 30分車で停滞…。

10:00 登山開始。
単独男性2人と夫婦が入山したのをみて、
ええい!とついていくことに。 天気はまだ少し、しっとり。

10:05 1合目
10:14 2合目・・・・休憩は取らずにひたすら前についていく。

10:55 6合目・・・・オンネトーを見ながら初休憩。写真を撮りながら10分程度。
          予報通り、天気は晴れ!! でも雲が多く霧が出やすい。
11:15 7合目・・・・ニコンD40を持ったおじさまと意気投合しておしゃべり。



途中、次行くからね と心で声をかけながら 阿寒富士を右手に
砂礫の道を雌阿寒岳を目指して先をいそぐ・・

11:55 雌阿寒岳山頂。



ちなみに、7/20の登頂では 阿寒湖や雄阿寒岳も仰げたが
今回はそちら側は雲で見えず・・。(下は7/20撮影・雄阿寒・阿寒湖・中マチネシリ火口)


12:05 おやつ休憩10分のみで、阿寒富士を目指して出発。
12:15 8合目 分岐より阿寒富士へ。



ここの火山灰の砂地は雌阿寒岳のそれよりも もっと登りにくい。
ずりずり・・と滑りやすい。

登山装備で足カバーがあるといい理由がよくわかる。

阿寒富士は、本当に砂だらけの道をつづら折りに上っていくので、
途中距離・合目の表示もないので どのくらいで山頂なのかが分かりにくく、ちょい不安。

でも、阿寒富士中腹から、雌阿寒岳の眺めもまた、すばらしい。
先ほどのおじさまに写真を撮っていただいた。



13:00 阿寒富士山頂 


お昼休憩。 残念ながら濃い霧。晴れたらここからは
オンネトーも見えるらしいが・・。

13:17 下山開始。
13:30 雌阿寒岳との分岐点。先ほどのおじさまと語りながら10分ほど休憩。
ここにリュックをおいて身軽に阿寒富士登頂する人たちも多くいた。

13:48 6合目  分岐から7合目までは多少のアップダウンと岩と礫の繰り返し
マーキングを見失いやすいので 霧など天候不良時は要注意だ。
14:11 4合目
14:21 3合目  多少のひざ痛の増強あり。だが水分休憩以外はほぼノンストップ。
14:32 2合目
14:35 1合目
14:43 登山口へ!!

制覇した後の山をオンネトーより眺めて・・・(気分は最高♪)


野中温泉につかってから 日の傾いた道をドライブして釧路へ帰宅。

初の1人登山は、ドキドキでしたが、なんだかとても気持ちが良かったです。
最初はちょっと恐怖感緊張感強く、ひたすら前の男性のリュックが見えるか
鈴の音が聞こえる距離を保つのに必死。
でもその無心に上を目指す感覚が、めちゃくちゃ心地いい。
仕事のこともいろんな不安も、日常のしがらみも全部忘れて。。
月に何度かはこんな瞬間がないと、やっぱり仕事にも力が入らない気がする。

そして1人登山は、なんだか一人旅の感覚ととても似ていました。
単独女性にこそ会いませんでしたが、単独男性数人と気軽に声を掛け
言葉を交わし、 とくに途中3回も一緒に休憩した北見のおじさまとは
最後に野中温泉でもばったり遭遇したり
「娘と同じ車に乗ってるわ」なんて言われたり、濃密な1日限りの交流。

自然相手だから、いつも気軽に一人♪とはいかないし
今後も1人登山を積極的に続けようとはそれほど思ってはいないけれども、
この日はなんだか、とっても、とっても満たされた1日でした。
そんな素敵な1日に、感謝感謝。
ridge | 登山 | 16:21 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 16:21 | - | - | pookmark |
Comment
んー!
見れば見るほど 行きたかった・・
まー 一人で山行も必要なのかもね
おつかれさまでした、すごく伝わってくる写真&文ですよ。
24日行こうかどうか 今も迷い中ですが、9月には登山日和がたくさんあるだろうから、あせる必要もないかと・・・

posted by Super Ch@rbo ,2008/08/17 10:05 PM


>charboさん

初一人登山。なんとか1週間で記録をアップしときました(苦笑)

24日ですかー。また前回みたいに天気を見てからっていう
気楽さでいいんでないでしょうか?

9月は登山日和続きますね!
家族で鶴雅に泊ろう計画なので
その時には野中温泉コースからの
雌阿寒登頂なんてどうかなと思っています。

9月休み出たら登山にカヌー、、
ガンガン計画たてますよーw

posted by ridge@ryo-ism ,2008/08/17 11:48 PM

ridgeさん 自然も 写真もすばらしいね!!わたしも登山したくなりました。ridgeさんは、いろんなことに挑戦していますね!わたしもその姿勢まねしたいな。

posted by アサバ チサト ,2008/11/15 1:21 PM

>アサバさん

転勤族ならではの地の利?でしょうか^^
その土地のいいところ、素敵なところを
十二分に楽しんでいます。
(案外都会でも地方でも適応力ありそうですよ・笑)

自然に飛び込むのは、かなり心が解放されます!
ここ数年、海・山・川と出没してるから
今度は空でも飛びますか、と誰かに言われました・・苦笑

posted by ridge@ryo-ism ,2008/11/15 3:41 PM