道東2008春夏秋 | ryo-ism

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログランキング・にほんブログ村へ
SPONSORED LINKS
PROFILE
ブログランキング・にほんブログ村へ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
秋から冬へ。


・・・2か月前のある秋の1日。
2日間で虹を3回もみました。
ridge | 道東2008春夏秋 | 23:48 | comments(0) | - | pookmark |
水底にて


秋のカヌーで驚いたのは、
水量の少なさ、そして透明度の一層の高さ。

雨や台風が少なかったこの秋、その傾向はより一層だという。
春や夏には感じなかった場所でも
水の底が見えることに感動しながら、

大好きな川を下った。

・・・・・・・・・・・・・

秋の夜長、仕事が少し落ち着いているときは、
最近は読書と少しの勉強に励むことにしました。

道東にきてちょうど、1年が過ぎたところ。
大好きになったこの土地に、あとどのくらい住めるのかはわからないけれど、
少しだけ、腰を据えて、前を向いていきたいなと思う 今日この頃。



ridge | 道東2008春夏秋 | 00:48 | comments(0) | - | pookmark |
シーズン終了。


5月にカヌー、7月に登山と アウトドアに目覚めてから
あっという間にひと夏、そして秋がすぎていきました。

その締めくくりで、本日シーズン最後のカヌー。
朝の大雨の後、なんとか天気が回復して
小雨に降られた程度で、大好きな釧路川源流の約10kmコースを
ヤマセミくん鳥の道案内のもと、
下ってきました。

怠惰な性格ゆえ、なかなか行った場所毎の更新ができていませんでしたが、
冬の雪のシーズンが始まるまで、
少し写真を整理しながら
回顧的Blog記事を少しupしていこうかな、というところでいます。
ちなみに雪のフィールドでのトレッキングのベストは年明け、2月くらいだとか。

ちなみにこのひと夏から秋は
釧路川源流カヌー 4回。
釧路川湿原カヌー 2回。(塘路〜細岡、細岡〜岩保木)
雌阿寒岳     3回。(オンネトーコース×2回、阿寒富士1回。野中コース×1回)
雄阿寒岳     1回。(10/5)
武佐岳      1回。(9/27)

んー本当は、まだまだもっと^^ なんて欲張ってもしょうがないですが
オフが月2回の身分にしては かなり頑張ったほうだわ〜犬チューリップ植物
ridge | 道東2008春夏秋 | 23:45 | comments(0) | - | pookmark |
釧路湿原探索 その2


肝心の、夢ヶ丘展望台からの景色は、・・・・

ふれこみでは湿原絶景ポイントのひとつと聞いていたのですが・・・。
国立公園内で木の伐採が簡単にできないせいか
展望スペースの周りは気が生い茂っていて、思ったほどひらけていない・・。

あれぇ・・・・。
(上 達古武湖   下 木の切れ間から 列車が通過!)




そしてお決まりのカヌーと釧路川の風景。



実をいうと その後にわかったことだが、絶景と称されている「夢ヶ丘」 は
閉鎖されている木道の先の展望台ではなく。
区別していうと本来「夢見ヶ丘」というらしい。
(MTBのツアーなどでそこまでいくプランなどがあるが
多くは「夢ヶ丘」と書かれている・・。) 

今度リベンジかな・・。 
なんとなく消化不良で終わってしまったこの日は charboさんと別れて

一人でまた湿原探索の締めへ。


岩保木水門



昭和初期に作られた旧水門と、開かずの水門といわれる新水門。

釧路川カヌーの終着点となるこの地で ぼぉっと、
夕陽の沈むのをただただ眺めていました。



訪れる人の多い、細岡展望台の喧噪感とも異なり、
ほぼ誰もいない、水門と川と湿原以外に何もないこの静かな場所、
遠くに見えるサバンナのような湿原の風景・・・

・・・・その後、お気に入りの場所になりました。


ridge | 道東2008春夏秋 | 02:14 | comments(0) | - | pookmark |
釧路湿原探索 その1


去る8月09日、湿原の隠れた名所探索! てなことで
本来立ち入り禁止になっている(w) 夢が丘展望台へトレッキングしてきました。
本来ならこの日に飲み仲間?写真師匠?の charboさんと
雌阿寒登山予定だったのですが、あいにくの天候のために急きょプラン変更。
一人じゃ行けない 奥地へと 潜入!!





あ♪目があった!!

湿原の景色は実は思ったほど展望が開けてはいなく(後述)
絶景!! に巡り合うことはできなかったけれど・・。

私としては この樹上のリスを追いかけたのは、とても楽しかった。

強い逆光で
普段あまりマニュアル撮影を使いこなしていない私は
とっさの調節ができず あわあわ・・・ww あたふたあたふたwww

壊れた木道""

立ち入り禁止の理由はこの壊れた木道。
体重かけるバキ!! という音がしたり、
ドキドキ(ワクワク) のトレッキングでした!!
(Special thanks to charboさん)

ridge | 道東2008春夏秋 | 01:44 | comments(3) | - | pookmark |
湿原カヌー
細岡展望台より


7月に入り、湿原にはこぞって可憐な花が咲き、
北海道の短い夏を一層感じられる季節に!!

(といっても寒い時は朝夕 ストーブつけますよ♪)

更新をしばらくおさぼりしているうちに、 はたまた3回目のカヌーへ。
今回は初めての釧路川湿原流域へ。

しかも動物たちに出会いやすいという朝5時のツアーへ参加。
タンチョウあり オジロワシあり。らいちょうあり。
生き物たちの息吹を思う存分肌で感じてきました。

釧路湿原さいこー!
ridge | 道東2008春夏秋 | 21:14 | comments(3) | - | pookmark |
水先案内人◆.ワアイサ
カワアイサ



頭の羽のような毛並みが素敵。
カヌーから常に一定の距離をたもちながら・・ 
前へ前へと逃げていきます。



魚でもいたのかしら?

前へ前へ、下流へとカヌーとともに おいかけっこ。 ですが・・・

ある一定の縄張りを過ぎてしまうと・・・





再び上流へ、 木々の中へ、 さようなら・・・。
ridge | 道東2008春夏秋 | 13:00 | comments(3) | - | pookmark |
救出。
エゾハルゼミ


湖面に大きな虫がバタバタして浮いていたので
あれなに? と尋ねてみると、その正体はおぼれたセミさん。

無事救出!!
してもらいました。 ガイドさんに。。たらーったらーっ




そして、湖畔にカヌーを寄せて、ランチ。
少し増えてきたモスキートくんくるりん汗たちに 少し狙われた以外は
誰もいないその場所は、まるでプライベートビーチのようでした。


ridge | 道東2008春夏秋 | 23:24 | comments(0) | - | pookmark |
水先案内人 .ジロワシ
オジロワシ



川下りの途中に突然大きな羽音がして。
目の前に大きく飛ぶ姿がみえました。 あれはアオサギやとんびよりも大きい!!

飛んで行った先は川の下流。

「きっとまた会えるよ」

ガイドさんの言うとおり、カヌーをすすめていくと
木にとまっているオジロワシさんを 発見!!

そぉっと そぉっと 近づいて・・
(カヌーをまわしてもらいながら・・・)

あ!!




目が合ってしまった!?



オジロワシさんは新緑の森の中へと 飛んで行きました〜右斜め上



よく見ると尾がまだ完全に白くはない若鳥のようで。
今後このあたりに棲みつくのなら、また逢えるのかな?!!
ridge | 道東2008春夏秋 | 18:00 | comments(0) | - | pookmark |
おんせん@和琴半島
オヤコツ地獄



和琴半島の先端へカヌーでたどり着きました。
近づくとだんだん硫黄の匂いが。今も煙をたたえる温泉。
まだまだこのカルデラ湖も活火山!温泉 という感じです。



カヌーで上陸。 和琴半島の中に遊歩道もありますが、
上から降りるのは急斜でかなり危険。
カヌーなら、すい!っとたどりつけて上陸できて アドベンチャー気分。楽しい見る
ほかのカヌー客さんたち、ゆで卵をつくるぞ!!と盛り上がっていました。

キレイ!!


それにしても、水の透明度には、驚くばかり。
上陸して、私は卵はゆでずに(笑) しばし湖面を眺めていましたポッ

ridge | 道東2008春夏秋 | 20:16 | comments(0) | - | pookmark |
1/2PAGES | >> |