Saipan通信 | ryo-ism

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
ブログランキング・にほんブログ村へ
SPONSORED LINKS
PROFILE
ブログランキング・にほんブログ村へ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
History
サイパンには悲しい歴史がある。
多くの尊い命が失われた、戦争という忌まわしい歴史の事実。

訪れるまで、私はあまり詳しくは知らなかった。
「サイパン玉砕」 などという言葉を耳にしたことがあったので
戦場となって、多くの命が奪われた場所なんだろうな、という認識。

あまりにも整然としていて、美しいはずなのに、
その整然さが、余計に物悲しさを醸し出していて・・・・。


「バンザイクリフ」





追い詰められた約1000人を超える
女性や子供も含む多くの日本人が この崖から海に身投げしたという。
「天皇陛下万歳」「おかーさーん。」

どんな思いで飛び込んだんだろう。


通称「スーサイドクリフ」




ここでは多くの日本人兵士が飛び下りたという。

この日の青空があまりにも美しくて。 それがやけに悲しくて。


最後の司令部 「ラストコマンドポスト」

この中には
左右それぞれに直径2mの大穴がぽっかりとあいていた。
大砲が直撃して貫通していったものだという。
ここに避難していた中学生たちすべてが亡くなったそうだ。

さすがにここの中で、私はシャッターを切ることは出来ませんでした・・・。
ridge | Saipan通信 | 16:29 | comments(0) | - | pookmark |
Flowers
着いた日は熱さと湿気にぐったりしていまい、すぐには動けず、
だいぶ日が落ちてから行動を始めた。

日が落ちてまだ少しむっとする空気の中を歩いていくと、
湿気の独特のにおいに混じって ほのかな花の香りがするのだ。
それが私のサイパンの最初の強い印象かもしれない。


FlameTree(火炎樹)



ダイビングボートで沖から島を眺めたときに、
陸のみどりの一部が赤く染まって見えるのが、とても不思議な景色だった。

花びらが散ると、赤いじゅうたん。


その昔、サイパンに移住した日本人が
日本の桜をなつかしんで、花見ができるようにと、この木をたくさん植えたという。



プルメリア



白の花びらが、しっとりやわらかさをかもしだす。
ちょっぴりほんわか。


そして南国の定番、ハイビスカス



花を頭につけてPhotoにおさめている母娘がいた。
 
ridge | Saipan通信 | 23:23 | comments(2) | - | pookmark |
Eating
木から落ちたての天然マンゴー!!!!
手でむいてかぶりつく。これとない幸せです。
ボートのキャプテンのお仲間からもらって船の上で食べたマンゴー。
お世話になったダイビングショップのオーナーさんから
1人で食べきれないくらい(5個だったかな?)いただいて、出発直前まで
かぶりついた。(笑)
日本で食べるマンゴーよりちょっと繊維質で歯にはさまる。
でも自然の美味しさたっぷり。



↑使用前。

↓使用後。




そして、一人でちょっとゆっくりのディナーには・・・

やっぱり私には、これが欠かせない。







続きを読む >>
ridge | Saipan通信 | 22:05 | comments(0) | - | pookmark |
独立記念日
7月4日は独立記念日。
私は何気なく計画した旅行で、お祭りや記念日にあたることがけっこう多い。
ベトナムのホイアンでのお祭り。
日本縦断中の広島で迎えた8月6日。・・まだあった気がする。



青い旗独立記念日といえばやっぱり花火?!どんっ爆弾





ノリのよいラテン系の音楽が 音楽 流れる中
多くのローカル達が港近くの会場に集まって、盛り上がってました。
地元の方々は、ちょっと浅黒い肌で男性なんかはけっこう体格がいい。
音楽のノリとともに、人々の雰囲気で、なんだかすごく南国気分になりました。

人々でごった返した中で 花火の音に酔いしれました。
花火は見るのも美しいけれど、音で感じなくては!! どんっ爆弾



バルーンアートを頭にかぶった男の子。
なんだか愛らしくて1枚パチリ。

手持ちのコンパクトのため見苦しい写真ですみませんw雰囲気だけ。
ridge | Saipan通信 | 20:35 | comments(0) | - | pookmark |
Staying


おおきな免税店があるメインロードを少し中に入った通りを歩き
住宅街のなかに建つホテル。
Saipanは日本人の経営のホテルも多く
とっても日本語がよく通じる外国である。 ここのホテルもしかり。





1階がコンビニのようなショップになっていて
とても便利だった。





ショップの奥にはカフェスペースもあり
夜には宿の方が近所の方とそこで軽く飲み会。
3泊した私はすっかり顔見知りになり、楽しませてもらった。
アットホームな宿はこれがいい。

オタワのバックパッカーズでも地元の青年たちと旅行者と一緒になって
飲み会をしたなんてことがあったなあ。
あの時は酔った勢いでみんなで夜のパーラメント(国会議事堂)へ散歩に行った。
あの頃は私も英語でよく頑張っていたな〜(笑)

でも今回はほとんど日本語でOK。らくちんSaipan。
よくここに出入りしているLimさんというリアイタしたinterpolのおじ様と
仲良く?なり、よく話した。ちょっとだけ英語交じりの日本語。

最終日にはみんなでマッサージに行き、
旅の疲れを癒しました。ローカル価格でお徳に楽しんじゃいました拍手拍手
ridge | Saipan通信 | 20:20 | comments(2) | - | pookmark |
海へ!!
Saipan上陸の翌日。
さっそく海へ飛び出した。



午前2ボート。そして午後はあの有名なGrottoでのダイビング!!

残念ながらビーチダイブは盗難の危険性があるからと言われ
D50は大きくて目立つので泣く泣く置いて行った。
Grottoの断崖を撮りたかったが心に焼き付けておいた。
(RICHOのコンパクトを持っていけばよかったと後悔。)

半年振りのダイビング。
ボートで潮風に吹かれながら、休暇を満喫。
潜行で多少もたついてしまったものの、すぐに慣れて楽しめた。

さんご礁の窪みに身をひそめてじっと待つこと5分ほど。
突然
マダラトビエイの大きな影が目の前を横切った。
気がついたら2匹・3匹と増え、2mを切る至近距離を泳いでいった。
その大きさに思わず身をビクンとすくめてしまったくらい。




そしてGrotto.
ダイナミックな地形に酔いしれました。
ジャイアントストライドエントリーが実は怖くて最初できなかった私。
この地形を前にそんなひるんでられないわ!と
1発で思い切ってエントリー。

それからはもう・・・Grottoのダイナミックさに心を奪われました。
エキジットするのが名残惜しくて、光のシャワーを何度も振り返って見てました。

・・・・そしてその後は機材を背負っての110段の階段が
待っていたのでした・・・。冷や汗冷や汗冷や汗 汗だく。
ridge | Saipan通信 | 15:20 | comments(2) | - | pookmark |
常夏の島へ


久々の国際線への搭乗。
慣れない成田のターミナルと、
ちょっとシステムの違う国際線の搭乗手続きに戸惑いながら
いざ日本を離れる。

出国手続きや税関、1人で待つ、微妙な緊張感・・・。
20歳の夏の、初めての1人旅のことを思い出しながら
少ししみじみとしてみた。

そして3時間のフライトで島におりたつと・・・
熱い日差しと、ものすごい湿気で迎えられました・・・笑。

久々にみる、英語で並ぶ看板、そして車が右側を走る道路。
ピックアップにきてくれた宿の方に
「イイカンジでハイになってますねぇ〜」と笑われた。




国内の宿泊ではハイクラスのホテルステイの贅沢を
覚えてしまった所だったけれど
バックパッカーでYHを渡り歩いた私だから、1人旅に宿の贅沢さはいらない。
清潔感のあるプチホテル。とても快適だった。
ridge | Saipan通信 | 14:29 | comments(2) | - | pookmark |
Saipan通信 vol.1


ちょっと早めの夏休暇。
わずか2週間のぎりぎりの準備でしたが3泊4日の久々の1人旅を
楽しんできました。

残念ながら無線LANの不調でリアルタイム更新ができなかったのですが
旅の思い出を少しづつ、綴ってみます。

休暇明けで職場に出勤するなり、
上司に第一声で「サイパン日記更新してないじゃぁ〜ん」と言われたり (笑)
後輩にも「Saipanの写真楽しみにしてますよ〜」
なんて言ってもらったり
あ、細々と続けているこのBlogもこうやって支えられてるんだな〜と
ちょっと感謝の気持ちでまた久々の更新。

そういえば、そろそろ来月でryo-ismも3周年。



サイパンだ。
ridge | Saipan通信 | 22:30 | comments(0) | - | pookmark |
1/1PAGES | |